HOME細胞診検査細胞診検査の提出方法

細胞診検査の提出方法

【依頼書】
 弊社の細胞診検査依頼書に下記の内容を必ずご記入下さい。
 細胞診の結果を左右する内容ですので、記入もれがないようお願いします。
  1)患者氏名、性別、年齢、採取日
  2)材料、採取方法、固定方法
  3)臨床診断・所見・経過、放射線治療、ホルモン剤使用等
  4)婦人科材料の場合、月経等諸事項
  5)細胞診歴

【塗抹標本(スライドガラス)で提出される場合】
 すりガラス部に患者氏名・材料、乾燥固定の場合は「乾燥」または「ドライ」と
 ご記入下さい。

提出材料
固定法(枚数)
標本作製法
婦人科 湿固定(1〜2枚) 塗抹後直ちに湿固定して下さい。
喀痰 湿固定(2枚) 2枚のスライドガラスの問に「小豆」大の喀痰をはさみ、前後左右に押しつぶすようにむらなくのばして下さい(すり合わせ法)。
塗抹後直ちに湿固定して下さい。
各種洗浄液 湿固定(2枚) 1500rpmで5分間遠心後、沈査物を塗抹して下さい(すり合わせ法、または引きガラス法)。
塗抹後直ちに湿固定して下さい。
各種擦過物 湿固定(1枚)
乾燥国定(1枚)
擦過物は非常に乾燥しやすいので、塗抹と同時に湿固定を行って下さい。また1枚を乾燥固定して下さい。
液状検体
 尿・胸水・
 腹水・心嚢液等
尿:湿固定(2枚)
腹水・胸水・心嚢液:
湿固定(3枚)、
乾燥固定(1枚)
1500rpmで5分間遠心後、沈査物をすり合わせ法、または引きガラス法にて標本を作製して下さい(血性の場合はバッフィーコート部分を塗抹して下さい)。
塗抹後直ちに固定して下さい。
各種針穿刺吸引
 乳腺・甲状腺・
 肺・リンパ節・
 胆嚢・肝臓等
湿固定(3枚)
乾燥固定(1枚)
スライドカラスに静かに吹きだし、検体が微量の時はもう1枚のスライドガラスを重ね合わせ、すばやく1枚を湿固定1枚を乾燥固定して下さい。やや多めに得られた時は引きガラス式にて何枚かの標本を作り、直ちに固定して下さい。
捺印標本 湿固定(3枚)
乾燥固定(1枚)
スタンプ割面はメスやカミソリを用いて新しい面を作り、組織をガラスに軽くピンセットでおさえ静かにはがして下さい。この時ズレないようにすることが最も大切です。厚めに塗られた標本は直ちに湿固定し、何枚か作って塗抹が薄くなったら乾燥標本にして下さい。

●塗抹法
 塗抹の仕方は検査材料の種類、性状などに応じて異なります。
細胞診断


●固定法
 固定は細胞の変性、融解などの変化を停止させる作業ですので塗抹後直ちに固定する
 必要があります。
 固定法には湿固定と乾燥固定などがあります。
 固定の良否は細胞診の判定内容を左右する重要な因子の一つです。
 迅速な固定をお願いします。
 1)湿固定:スライドガラスに検査材料を塗抹後、直ちに固定して下さい。
       固定方法として95%エタノールに30分以上浸漬またはコ−テイング固定剤を
       使用して下さい。
細胞診断

 2)乾燥固定:スライドガラスに検査材料を塗抹後、冷風にて迅やかに乾燥させて
        下さい。
        スライドガラスに「乾燥」又は「ドライ」とご記入下さい。
細胞診断

【検査材料を直接提出される場合】
喀痰、気管支洗浄液、液状検体などの材料で提出される場合、細菌検査とは別に提出して
下さい。採取後は冷蔵にて保存し、即日に提出をお願いします。
検査材料を長時間放置しますと、細胞の変性・融解をおこし、誤判定の原因になります。
また下記以外の材料を提出される場合、弊社までお問い合わせ下さい。

喀痰 唾液ではなく痰を出して下さい。
胸水・腹水・心嚢液 材料10ml以上に必ず抗凝固剤(例えば3.8%クエン酸ナトリウムなど)を少量添加して提出して下さい。
尿 原尿(遠心沈澱前)を10ml以上提出して下さい。
蓄痰 専用容器で提出して下さい。1日1回早朝痰を容器に喀出し、痰を入れたらフタをして、15〜20回強く振って下さい。この操作を3日連続して行ないます。
このページのトップへ