HOME動物病理検査

動物病理検査

  • 動物病理検査
  • 動物病理検査
【当社の動物病理検査】
 獣医師の先生方ならびにペットの飼い主様のご期待に添えますように、確実で高度な診断を心がけてまいります。

【動物病理組織検査とは?】
 動物病理組織検査は、犬や猫などの動物の皮膚・乳腺・骨・軟部組織・リンパ節および各臓器などの部位から組織を採取し、顕微鏡で観察し、悪性か良性かを判断することです。

【動物細胞診検査とは?】
 動物細胞診検査は、「穿刺細胞診」と「剥離細胞診」とがあります。
 「穿刺細胞診」は、犬や猫など動物の腫瘍部位から、手術する前に試験的に細胞を採取して悪性か良性かを顕微鏡で診断をすることです。
 「剥離細胞診」は、犬や猫など動物の尿・体腔液などから細胞を採取して顕微鏡で診断することです。
このページのトップへ