HOME病理組織検査病理組織検査の提出方法

病理組織検査の提出方法

【依頼書及び容器への記載方法】
1)依頼書
依頼者氏名および患者の氏名・年齢・性別・臨床診断・主要所見・採取部位・採取日などの
必要事項をご記入下さい。

2)容器
容器には患者名、及び採取部位番号(複数提出の場合)を明記して下さい。

【固定方法】
1)固定液は10〜20%ホルマリン液を使用し、室温にて固定して下さい。

2)材料採取後できるだけ速やかに、新鮮な状態で固定して下さい。
  固定の前に組織片を乾燥させたり、また水、生理食塩水中に放置しないで下さい。

3)固定液の量は、切片の容積の10倍以上とし、広口ビンを使用してください。
  小さな容器に大きな組織材料を押し込まないようにお願いします。

4)生検材料などの小さな組織片は濾紙に付着させて固定液中に入れますと、
  小さい組織片の散らばりを防ぎ、また鉛筆で番号などを記録しておくことができます。


【手術材料の固定について】
固定画像

1)胃

原則としては大彎で切り開き,粘膜面を上にして板の上に引き伸ばし虫ピンで固定します。板とともに固定液の満たされている容器の中に入れ固定します。



固定画像

2)大腸

切り開いた検体を粘膜面を上にして板の上に引き伸ばし虫ピンで固定します。板とともに固定液の満たされている容器の中に入れ固定します。



固定画像

3)子宮

前面よりY字に切り開いて固定液に入れてください。



固定画像

4)円錐切除

原則として12時で切開し粘膜面をこすらないように伸展させ、板に貼り付けるか、または注射針を貫通させて固定液に入れてください。



固定画像

5)乳腺

方向が分かるように糸などで印をつけてください。



このページのトップへ